ホルメを受ける方へ

【 ホルメについて 】

ホルメとは、ホルメ=モンゴル灸のことです。モンゴルからチベットに伝えられ、チベット伝統医学で広まった療法です。末期癌患者さんや、終末医療期の、強い不安の症状の軽減に使われています。

【 どんな時にうけるといいのか? 】

リラックス、免疫力アップ、心配、混乱、不眠、睡眠の質が悪い、思考が止まらない、緊張ストレス、リラックスができない、子供、乳幼児を落ち着かせたい、授乳中、産後直後のお母さん(特に初産)、老人(不眠、体の痛み)、体力が落ちている人(回復期)、末期ガンの痛み、鬱

治療目的としての使用ではなく、食事・生活・薬 等と共に改善のサポートをするものです

【 どんなことをするのか? 】

スパイス(シナモン、生姜、にんにく、ナツメグ)入りの小袋を温かいごま油に浸して、頭、手、足など、身体中の風のツボにあてて鋭い熱を加えます。

【 受けるときの準備 】

オイルがついても大丈夫な温かい服装、帽子、首巻ストールをご持参ください。なお、施術の3日前から、油物や動物性のものを避け、軽い食事、前日は21時までに、当日は2時間前までに食事が終わることをお勧めいたします。コース後も3日間は軽食が望ましいです。

【 受けた効果は? 】

はじめはホルメが熱く感じますが、深い睡眠に落ちます。ホルメで風のつぼを鋭い熱で刺激し、風の鎮静をするので、緊張感からも解放され、深いリラックスが得られます。

【 施術を受けるタイミング? 】

集中でリラックスしたい方…3日連続で。ゆっくりしたい方…1ヶ月に1回程度をおすすめします。

【 施術後のこと 】

ホルメの後は強い睡魔に襲われます。セラピー開始後おおよそ5分程度で睡魔に襲われ、予想もつかない勢いで意識がカクっと落ちます。その後グッと寝てそれから覚醒してきます。

 

この施術は医療行為ではありません。

施術後、体調のことで心配事があった場合は医療機関で診療をうけてください。