フェルデンクライス

フェルデンクライスについて

(日本フェルデンクライス協会より抜粋)

創始者モーシェ・フェルデンクライス博士は、

『心地よい体の動きが“脳”を刺激し活性化させる』ことを発見し、

1940年代に一つの体系化されたメソッドとして確立。

以来、ヨーロッパをはじめ北米・南米・オーストラリアへと広がり、

その実績は教育・芸術・医療など幅広い分野で評価され、現在では日本を含め世界で活用されています。

このメソッドは、身体に心地よい動き(呼吸や声、目や口、腕や脚、背骨や骨盤などの部分的或いは全身の動き)を通し、

全身の骨格や筋肉がどのように連携して動いているのかを詳細に体験することで、脳を活性化し、

神経系を通してより自然で質の高い動きと機能を身につけていく、学習のためのレッスンです。

心地よい体の動きで活性化された脳は、これまでの身体の無駄な動きや力の使い方に気づきながら、

如何にすれば余分な力を使わずに効率よく楽に動くかを学習します。

その結果、心と身体の双方にわたって無駄な緊張が解きほぐされ、持てる能力を充分に発揮することが可能となります。

shanon